らくおう眼科クリニック

いろいろな眼の病気

ものもらい・めいぼ・めばちこ

「ものもらい」」は大きく2種類(霰粒腫と麦粒腫)にわけられます。 マイボーム腺が詰まり分泌物の排泄がうまくいかないことにより、腫れたり白いポツポツができるのが霰粒腫です。 通常は 腫れやしこりだけで痛みはありませんが、細…

アレルギー性結膜炎

眼球は物を見るために外界にさらされているため、つねにアレルギーの原因物質「アレルゲン」の影響を受けやすい状態にあります。アレルギー反応により結膜に影響受け、目の充血やかゆみが起こる病気を「アレルギー性結膜炎」と言います。…

ドライアイ

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質が変わってしまうことで目の表面(眼球の表面)に傷などの障害をおこす病気です。 涙の膜は、下記の3つの層から形成されています。 その他、睡眠不足・強いストレス・…

白内障

眼の中にある水晶体という透明なレンズが、年齢とともに白くにごって視力が低下する病気です。 加齢以外にも、外傷やアトピー、糖尿病などの全身疾患で急激ににごりが強くなる場合もあります。 見え方は、にごりの程度だけではなく、水…

加齢黄斑変性

物を見る時に重要な働きをする黄斑という部位が、いたむのが原因で起こります。 ものがゆがんで見えたり、中心部が見えにくくなったり、ぼやけて見えるなどが主な症状です。 放置すると進行し、はじめは片目だったものが、両眼に症状が…